背中ニキビを治したい!跡を残さないために!薬・皮膚科から石鹸・スキンケア方法まとめ

背中ニキビを治したい!跡を残さないために!薬・皮膚科から石鹸・スキンケア方法まとめ

  • 背中やデコルテに赤いブツブツがたくさんある
  • 下着がすれて痛くて、かゆい
  • 背中があいた服だと目立ってしまう

気が付かないうちにできている背中ニキビ。せっかくお洒落しても背中ニキビがあると気になりますよね。今回は背中ニキビの原因と改善法をご紹介いたします。

背中ニキビの原因

背中できるニキビ

背中ニキビは、

  • 皮脂、汗
  • 肌の乾燥
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • ストレス・ホルモンバランス

が主な原因です。

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

皮脂、汗

背中流れる汗

背中には皮脂腺が多く存在し、皮脂分泌が活発に行われています。

背中は手が届きにくいため、汗をかいてもふき取りにくく、そのまま放置してしまうことも。汗や皮脂が毛穴に溜まったままだとそれが酸化し、ニキビの原因菌の増殖に繋がります

寝ている間も大量の汗をかきます。シーツなど寝具をこまめに変えずにいると雑菌が繁殖し、背中や首あたりの毛穴に侵入してニキビができてしまうケースもあります。

肌の乾燥

肌乾燥するカサカサ

肌の乾燥も背中ニキビを悪化させるもとです。ナイロンタオルで体をゴシゴシ洗い過ぎるのはNGです。

皮膚にはバリア機能があります。肌のバリア機能は、紫外線や細菌、雑菌などから肌を守ってくれる働きがありますが、強く洗うことでこのバリア機能が衰えていき、肌の水分が蒸発し乾燥します。肌は水分の不足分を補うため、皮脂をどんどん分泌し、ニキビができやすい肌環境となってしまいます。

睡眠不足

寝不足あくびする女性

私たちの肌は寝ている間に皮膚の修復、再生機能が働き、健やかな皮膚を作り出します。肌のターンオーバーが促進するのも寝ている間と言われています。

しかし、睡眠が十分に取れずにいると皮膚の修復、再生機能がうまく働かず、新しい皮膚が作れないことになります。

また、睡眠不足は肌の免疫力を低下させ、ホルモンバランスを乱す原因になるため、ますますニキビを悪化させます。

食生活の乱れ

脂っぽい食事食べる女性

肌トラブルは栄養バランスの乱れと比例しやすいです。

脂っぽい食事、インスタント食品、甘いお菓子など脂質と糖質の食べ過ぎは要注意!脂質と糖質は皮脂分泌を促進し、毛穴詰まりの原因になります。また、ビタミン豊富な野菜や食物繊維の摂取が不足すると、皮脂分泌のコントロールがうまくいかなくなるため、ニキビ肌になりやすいです。

ストレス・ホルモンバランス

ストレスたまる女性

ストレスは背中ニキビの大敵です。ストレスが続くとホルモンバランスが崩れ、男性ホルモン優位になります。

男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、大量の皮脂を排出しようとします。皮膚分泌が過剰に働くと毛穴に皮脂が溜まりやすく、ニキビへと繋がりやすくなるのです。

背中ニキビの仕組み

背中触るニキビ

背中にできるニキビは、顔にできるニキビと原因菌が異なります。

顔ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、背中やデコルテなど体の広い範囲にできるニキビの原因菌は「マラセチア菌」という真菌(カビ)です。

マラセチア菌は、おもに体に多く存在しています。皮脂や湿気を好んで増殖する性質があるため、皮脂腺が多く、むれやすい背中はマラセチア菌にとって絶好の居場所となります。

背中ニキビは、マラセチア菌で起こる他にも、アクネ菌、黄色ブドウ球菌などさまざまな菌が原因となって発生することもあり、治すのに非常に厄介です。マラセチア菌に黄色ブドウ球菌が感染すると、炎症がさらに悪化し、化膿してしまいます。症状が重くならないうちに早めのケアが必要です。

背中ニキビができやすい人

ニキビできる女性

背中ニキビができやすい人とできにくい人がいます。その違いはいったい何なのでしょうか?

背中ニキビができやすい人は

  • 皮脂分泌が多い人
  • 毛穴が詰まりやすい人

です。

皮脂分泌が盛んで毛穴に詰まりやすい人は、顔だけでなく、背中にもニキビができやすいタイプ。自分の肌は、皮脂分泌が多く、毛穴が詰まりやすいと感じたら、スキンケアや生活習慣など見直してみてください。

背中ニキビが治らないのはなぜ?

背中悪化するニキビ

「ニキビケアしているのになかなか治らない」という人は、背中ニキビに対処できる正しいケアができていないことが考えられます。たとえば、市販のニキビ治療薬を購入してケアしている場合です。

残念ながら、背中ニキビは、市販の顔ニキビ治療薬を使っても治りません。顔ニキビと背中ニキビの原因菌は異なり、治療薬も違ってくるからです。

背中ニキビの原因菌はマラセチア菌という真菌(カビ)。真菌(カビ)に効果のある「抗真菌成分」が配合された皮膚治療薬できちんとケアすることがポイントです。

ニキビが治らないのはもしかしたら別の皮膚や内科系の疾患が隠れているケースもあります。「ケアしても治りにくい」「症状が悪化してきた」と感じたらすぐに皮膚科で診てもらうことをおススメします

背中ニキビの原因まとめ
背中ニキビは、皮脂や汗、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスによるホルモンバランスの崩れなどが原因で起こる皮膚疾患です。顔ニキビとは違う原因菌が考えられるため、背中ニキビに対処できる正しいケア(治療)が必要となってきます。

背中ニキビの解消方法5選

背中綺麗女性

背中ニキビの解消法を5つご紹介します。できるものからすぐに始めてみましょう。

食事

野菜食べる体に良い

背中ニキビの改善には、食生活の栄養バランスを整えることです。

控えた方がいい食品は、

  • 脂っぽい食事
  • インスタント食品
  • チョコレートやケーキなど甘いもの

です。これらの食品は脂質と糖質が多く含まれており、皮脂分泌を盛んにし、毛穴を詰まりやすくさせるからです。

逆に積極的に摂りたい食品は、

  • 野菜
  • 海藻
  • 大豆製品などを中心とした和食メニュー

です。

和風メニューは皮脂コントロールを正常にさせ、ニキビ予防に最適です。

特におススメな栄養素は、βカロチン。

  • ニンジン
  • カボチャ
  • ブロッコリー
  • ほうれん草

などの緑黄色野菜に多く含まれており、肌の再生機能を高めて皮膚を丈夫にします。

炒め物が気になる人は、温野菜していただくとお肌に良いでしょう。

また、ビタミンB群も欠かせません。

ビタミンB群は、肌の新陳代謝を促進し、古い角質を取り除き、潤いある肌にします。

ビタミンB2は

  • 納豆
  • 豚肉
  • うなぎ

などに含まれ、

ビタミンB6は、

  • まぐろ
  • かつお

など魚介類に多く含まれます。

ニキビは便秘が続くと出やすいもの。海藻や根野菜など食物繊維が豊富に含まれる食材を摂って便秘予防に努めましょう。

生活習慣

お風呂入る女性

毛穴にニキビの原因菌が増殖しないよう、肌を清潔に保つようにします。

シャワーだけですませるのではなく、しっかり湯船につかり、老廃物を出すというのが大切です。

ボディブラシでゴシゴシ洗うと肌のバリア機能を壊します。綿など肌に優しい素材でよく泡立てた石鹸で洗うようにします。

また、シャンプーやトリートメントの成分が背中に残らぬよう、シャンプーしたあと体を洗うといった具合に洗い方の順番を工夫してみてください。

そして、十分な睡眠を取りましょう。お肌のゴールデンタイムは夜10時から深夜2時といわれています。皮膚の修復、再生機能が働くよう、できるだけ夜10時には就寝できるようにします。

ストレスはホルモンバランスを崩す原因となるので、自分なりのストレス解消法を見つけるなどして、できるだけ穏やかな気持ちで過ごせるようにしましょう。

グッズ

タオル石鹸入浴剤

背中ニキビを解消できるグッズとして「石鹸」「コットンタオル」「入浴剤」をご紹介します!

石鹸

体を洗う際はボディーソープより石鹸を使うことをおススメします。

ボディ―ソープは石油系界面活性剤が含まれており、肌への負担が大きいです。ニキビができて弱っている肌には自然の界面活性剤でできた石鹸が良いです。

石鹸を選ぶときのポイントは、殺菌作用や消炎症作用の成分が配合されていること。ニキビの原因菌に対処した成分をぜひ使いましょう。

そして、肌にやさしい低刺激処方であることも大切です。背中にできるニキビは痛みを伴うため、洗浄力が強く、刺激があるものは控えたいものです。

コットンタオル

背中ニキビの人におススメなのが綿(コットン)100%でできたボディータオルです。肌への刺激や摩擦を最小限に抑えて肌に優しいです。石鹸をしっかり泡立ててから洗うことで汚れは十分に落ちます。

合成繊維できたナイロンタオルやボディブラシなどは肌への刺激が強く、ニキビを悪化させてしまうので使用することは控えた方がいいでしょう。

入浴剤

手が届きにくい背中にはスキンケアするのも一苦労です。そんなときにおススメなのが入浴剤です。

入浴剤にもいろいろありますが、毛穴を開き、汚れを落としすくできる成分、菌の発生を抑える成分が配合された入浴剤がおススメです。

代表的な成分として、マイルドなピーリング作用のある「パパイン酵素」や余分な皮脂や汚れを取れやすくする「炭酸水素ナトリウム」などがあります

薬・漢方・サプリ

漢方サプリ薬

背中ニキビ対策に、薬、漢方、サプリもおススメです。

薬(塗り薬)

背中ニキビを改善する塗り薬には、「抗真菌成分」が配合された皮膚治療薬を選ぶことがポイントです。背中ニキビの原因菌であるマラセチア真菌(カビ)を根本から退治できます。

漢方薬

漢方薬のメリットは、一時的に症状を抑えるのではなく、体質を改善し、根本的な治癒のために作用します。背中ニキビの場合も漢方薬を適切に使うことで、根本的な治癒が期待できます。それでは、背中ニキビに有効的な漢方薬を紹介します。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、患部が湿潤型でじゅくじゅくしているときに、肌をふさいでいる余分なものを出すとともに、「水(すい)」や熱を発散させて、肌を正常にしていく処方です。

引用元:漢方セラピー

<こんな人におススメ>
  • 皮膚がすぐ化膿してしまう人
  • 疲労しやすく、食欲不振タイプ

皮膚の赤み、痛みを発散し、皮膚の腫れやかゆみを抑える働きがあります。背中ニキビでいうと大きく腫れて化膿しているニキビの人に向いています。背中ニキビ以外にも腫れて痛みのある湿疹、化膿したできもの、じんましん、水虫 このような症状に効果を実感できます。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」は、余分な熱を冷やして追い出すとともに、鼻の通りを良くします。また、「気」をめぐらせることで、鼻づまりを改善していきます。

引用元:漢方セラピー

<こんな人におススメ>
  • 皮膚が浅黒く、オイリー肌の人
  • 手足に汗をかきやすい人
  • 耳や鼻の病気をしやすい

体の熱や腫れをひき、血液循環を良くする働きがあります。顔全体に皮脂が多く、小さなニキビや鼻炎で悩んでいる人に向いています。背中ニキビ以外にも慢性の鼻炎、蓄膿症、扁桃腺炎などに用いられます。

◇漢方薬を用いる際の注意◇
体に優しいイメージのある漢方薬ですが、全く副作用が起こらないとは限りません。自己判断での漢方薬の服用はできるだけ避け、皮膚科の医師、薬剤師へ相談してから服用するようにしましょう。

サプリメント

背中ニキビには、ビタミンや抗酸化作用のある栄養素を摂ることがポイントです!しかし、1日に必要な栄養素をバランスよく毎日摂り続けるのはなかなか大変ですよね。そこで、サプリメントの力を借りてみてはいかがでしょうか。

ビタミンB2

健やかな皮膚を保つ

ビタミンB6

皮膚のターンオーバーを促進し、バリア機能を高める

ビタミンⅭ

皮膚の粘膜を強化する

抗酸化成分

活性酸素を除去できる

マルチビタミンサプリは、ビタミンB群やビタミンⅭ、抗酸化成分がまとめて一度に摂れるのでオススメです。

病院

病院先生女性

ニキビができてすぐに皮膚科へ受診する人は少なく、症状が悪化してから、ニキビ跡ができてから、病院へ行く人が大半です。

背中ニキビは細菌と真菌(カビ)による皮膚疾患です。

生活習慣の改善や市販の塗り薬だけでは、完全な治癒が見込めない場合も多いです。それにニキビ跡でデコボコができた状態で完全に元の状態に戻すのは非常に困難です。

皮膚科や美容皮膚クリニックでは、抗菌効果のある外用剤や内服薬、漢方薬など保険適用できる治療法はもちろん、ピーリング、レーザーやフォト治療など自由診療など、ニキビの症状に合わせた治療法を行います。自己流でケアするより早く改善することは間違いありません。

背中ニキビを解消するスキンケア方法

ここでは背中ニキビを解消するスキンケア法を3つご紹介します。誰でも簡単にチャレンジできるものばかりなので、ぜひ、お試しください!

★背中ニキビ予防改善のためのボディ洗い方

背中ニキビを予防や改善するための体の洗い方を説明している動画です。ボディの洗い順、湯船の温度、タオル素材や石鹸の選び方が分かります。

★背中ニキビ予防改善のための保湿ケアのしかた

肌の乾燥は背中ニキビを悪化させるもと。お風呂上りの保湿ケアが何より大事です。こちらの動画では、背中ニキビに適した保湿剤(ローション)の選び方と塗り方を学べます。

★エステで背中ピーリング

背中ニキビの外側からのケアとしてピーリングも有効です。こちらの動画ではエステで行われているケミカルピーリングの流れや知識を実践しながら説明しています。

時間がない人・確実に結果を求める人

背中ニキビを解消できる方法をご紹介しましたが、

  • 結婚式や特別なイベントが控えている
  • 慢性的な背中ニキビに悩んでいる
  • 今すぐにでも背中ニキビを治したい!

という人はエステでプロの施術を受けてみてはいかがでしょうか。

エステ

エステ受ける背中

エステというと痩身や美顔ばかりをイメージしてしまいますが、背中ニキビ改善にも役立つマシンや施術はしっかり用意されています。

スキンスクライバー

スキンスクライバーは1秒3万回くらいの超音波の振動で乳化した洗浄成分が毛穴の奥深くまで入り込み、通常洗顔では取りきれない毛穴に詰まった皮脂や汚れをきれいに洗浄します。施術後は、古い角質やざらつきがなくなり、滑らかでツルツルの背中に仕上がります。

イオン導入

イオン導入は、ニキビ改善に必要なビタミンⅭ誘導体、トラネキサム酸などの美肌成分をイオン化させた状態で真皮層までしっかり届ける施術法です。

まず、ビタミンⅭなど有効成分を肌に塗布し、肌に感じないほどの微弱電流を流すだけで有効成分がイオン化の状態となり、肌への浸透率が高まります。ビタミンⅭなど有効成分が真皮層に入ることでニキビができにくい肌にします。

背中ニキビまとめ

背中ニキビを解消するには、背中を清潔に保ち、規則正しい生活を送ることが大切です。

汗をかいたらすぐに着替える、湯船につかる、栄養バランスの整った食事を摂る、十分な睡眠、自分なりのストレス解消法を見つけるなど自分のできる範囲でいろいろと対処してみてください。

それでもなかなか治らない場合は、皮膚科へ行って診断を受ける、エステで施術を受けるなど、専門プロの力を借りてみてください。美しい背中めざしてがんばりましょう!

【参考文献】
とかち皮膚科
http://www.tokachi-derma.com/content/column/285

RHOTO-「背中ニキビ」の原因・症状・対処方法について解説
https://jp.rohto.com/learn-more/bodyguide/acnes/backacne/