ハイパーナイフとは?ハイパーナイフの効果とメリット・デメリットまとめ

ナイフ持つ女性

痩身エステのメニューのひとつになっているハイパーナイフをご存知ですか。ハイパーナイフという名前は、最近になって女性誌などのメディアでよく見かけるようになりました。今回は気になるハイパーナイフの施術方法や種類、効果をはじめ、メリットにデメリット、施術の頻度や価格、良い口コミや悪い口コミについても詳しくまとめていきます。

ハイパーナイフとは?

痩身エステで話題になっているメニューのひとつ、ハイパーナイフを詳しく知っていきましょう。痩身エステのハイパーナイフは怖い名前のイメージと違い、体に傷を付けることはなくバイポーラ式高周波を用いた痩身施術のひとつになっています。

名前のイメージと実際の施術とギャップがあり、温めるとほぐすという2つの機能に特化していて、ラジオ波よりも早く痩身に繋がると話題です。
ハイパーナイフとは、お肌に1MHzの高周波を流すことで脂肪を効率よく温めてくれる痩身マシンのことを指しています。そのため老廃物の排出を促して、頑固なセルライトまで無くしていくポイントも注目点のひとつです。

まるで電子レンジのように、冷たく固まってしまった脂肪を温めて燃やしてくれます。さらにハイパーナイフの施術を受けている最中も痛みを伴うことはほぼなく、不安になることも一切ありません。とにかく安全性が高く、楽に痩身へ繋がる魅力的な施術です。

ハイパーナイフの効果

痩身エステのハイパーナイフでは、施術経験者に嬉しい効果が見られます。施術ではハイパーナイフを当てた部分を中心に脂肪燃焼の効果が発揮されますし、無理することなく体勢を自由に変えながら施術を受けられることから、気になる部位の部分痩せは抜群です。安全性にも優れていることからフェイスエステでも用いられ、小顔の効果もあります。

このハイパーナイフは非常にラジオ波と似た特性を持っていますが、それよりもバイポーラ式という高周波の熱エネルギーを使っていることがポイントです。気になる部位の深い脂肪組織まで届く熱エネルギーが浸透し、燃焼能力が高いことも見逃せない効果のひとつでしょう。脂肪を燃焼する効果がラジオ波よりも軒並み高いこともあり、短期間で効果を実感できます。

またキャビテーションとも似ていますが、ハイパーナイフは肝臓に負担をかけずに施術を行える体に優しい施術方法です。

つまりキャビテーションに抵抗がある人でも、ハイパーナイフなら安心して施術を受けられ、痩身の効果を実感できます。さらにハイパーナイフの効果として、むくみや冷え症、腰痛や肩こりなどの改善に役立つこともあるでしょう。

ハイパーナイフをおすすめする人

様々な嬉しい効果が期待できる痩身エステのハイパーナイフですが、その施術をおすすめ出来る人は短期間で痩せる効果を実感したい人やセルライトに悩んでいる人、そして小顔を目指している人です。

実際、安全性に優れている脂肪燃焼の一面が、ハイパーナイフでの痩身や小顔に効果を発揮しているでしょう。さらにホームケアもほかの施術と比べると簡単にできます。例えば普段のスキンケアに加え、ハイパーナイフで施術した部位の軽いマッサージをプラスするだけです。施術後のケア次第では早めに気になる部位のサイズダウンや美しい引き締まったボディーに繋がります。

ハイパーナイフでは温めとほぐしの施術を同時に行なうことが基本です。気になる部位の脂肪やセルライトを燃焼しながら老廃物も排出、さらにリンパの流れも良くすることもポイントのひとつでしょう。この老廃物の排出とリンパの流れの改善が期待できることから、効率的な脂肪燃焼の痩身効果だけでなく、肩こりや腰痛をはじめむくみやだるさの改善にも繋がり、体の不調に悩んでいる人にもおすすめです。無理なく痩せられて健康も維持できるので、まさにストレスフリーな痩身方法といえるでしょう。

またハイパーナイフにはLEDの光が用いられていることが多いです。この光が肌の繊維細胞を刺激して、コラーゲンなどの美肌に直結するもとを活性化させてくれる働きも持っています。ハイパーナイフを施術後、1週間くらい経つと徐々に肌がモチモチと感じられるような美肌効果も期待できるでしょう。その相乗効果から、しわやたるみを改善できアンチエイジングにもおすすめです。

さらに施術後は、ハイパーナイフのバイポーラ式高周波の効果が継続していて代謝が上がっています。施術後に自宅でのマッサージやスキンケアをするときに、普段よりも効率的にしてくれる効果が見られるでしょう。これまでにホームケアのマッサージやスキンケアで痩身やアンチエイジングに効果が見られなかった人にも、ハイパーナイフはそれらの効果を実感できるおすすめな施術方法のひとつです。

ハイパーナイフの頻度

このように痩身やアンチエイジングなどの大きな効果が期待できるハイパーナイフですが、痩身エステが推奨している頻度はどれくらいなのでしょうか。

通常は1週間に1回を3カ月間続けるという頻度です。もし集中的に痩せたい場合は、週に2から3回の頻度で2から3カ月ほど継続することもできます。ハイパーナイフ以外の施術方法に比べると、かなり頻繁に施術を受けられることが特徴的でしょう。まさに高い安全性が保障されているからこその、多めな頻度になっています。

もし少ないハイパーナイフの頻度であっても、最低2週間に1度は施術を受けるようにした方が効果が発揮されやすいです。ちなみに気になる部位の施術は、1か所に10分程度と短くなっています。

そして確実にその部位に対する効果が実感できるでしょう。わずか10分程度の短い時間でありながらも、たった1回の施術を受けただけで、お腹周りや太ももなど脂肪の分厚い部分やセルライトが付いた部分が明らかにサイズダウンしていると、頻度に関係なく評判です。

ハイパーナイフの価格

そんなハイパーナイフの価格も気になるところです。相場は施術する部位やかける時間にもよりますが、ハイパーナイフのみの施術であれば、1回につき60分10000円から15000円ほどとなっています。

それよりも価格が上がる他のマシンと組み合わせた通常のコースであれば、施術後のマッサージやリンパ流しも組み込まれているメニューが多いです。つまりハイパーナイフは、リーズナブルな施術とあまり言えません。

また施術する部位によっては、価格がさらにかかってしまう場合もあります。安全な施術内容はもちろんのこと、痩身エステが推奨している頻度である1週間に1回を3カ月のコースを継続してリーズナブルに行なってくれるエステを選ぶことがポイントになってきます。またハイパーナイフをよく理解している担当者であるかどうかも大切です。

このように施術が高価なハイパーナイフですが、リーズナブルに施術を受けることができるコースもあるでしょう。初回限定コースやお試しコースとして、相場は5000円ほどと試しやすい価格になっています。痩身エステで施術されている他のメニューと同様に、キャンペーンしていることがほとんどです。

もしリーズナブルに施術を受けたいなら、初回限定コースやお試しコースをおすすめします。

ハイパーナイフのメリット・デメリット

ハイパーナイフのメリットは、まず部分痩せの効果が絶大であるということです。

ハイパーナイフを当てた部位は、電子レンジのように温められて組織が活性化し脂肪やセルライトが排出されやすくなります。安全性も保障されているので、安心してハイパーナイフの施術を受けられるでしょう。特に脂肪やセルライトが付きやすいお腹周りや太ももは、1回施術しただけでもサイズダウンが期待できます。施術中は痛みもなく、10分ほどの短い時間でハイパーナイフを受けられるということもメリットのひとつです。

さらに老廃物の排出とリンパや血液の流れの改善も期待できることから、肩こりや腰痛をはじめむくみやだるさの改善にも繋がり、冷え症や体の不調に悩んでいる人にもメリットがあります。

小顔にも導けることから、身体全体にハイパーナイフの効果が感じられるでしょう。また肌の引き締め効果もあり、しわやたるみが軽減できアンチエイジングにも役立ちます。施術した後のホームケアも簡単です。セルフマッサージでハイパーナイフの痩身効果を継続できます。

一方ハイパーナイフのデメリットは、やけどや内出血、赤みや一時的なむくみ、皮膚のかぶれや金属アレルギーなどです。

ハイパーナイフの施術後、皮膚がヒリヒリするなどの軽い痛みを感じることがあります。しかしこの症状はハイパーナイフのデメリットというよりも、もともと皮膚細胞が弱っている部分に熱エネルギーを照射したことや、金属アレルギーなどの体質が関係している場合がほとんどです。

金属アレルギーはニッケルやコバルトをはじめ、クロムや亜鉛、マンガンや銅を使ったものに反応が見られるでしょう。ハイパーナイフの電極があるパーツにはチタンが使われています。

よって施術する前に、金属アレルギーの方はハイパーナイフにこれ以外の金や銀、プラチナやチタンなどが使われているか確認することがポイントです。

ハイパーナイフの口コミ

実際に痩身エステでハイパーナイフの施術を受けた人たちの口コミを、メリットデメリット含めて見てみましょう。

メリット

・ウエストが細くなって、今まで自己流ダイエットでは絶対出来なかったくびれが出てきました。
・毎日のデスクワークで肩こりやクーラーによる冷えに悩んでいましたが、そっちの悩みまで改善されるとは思ってもいませんでした。
・今までの痩身エステでは、多少の揉みほぐしなどの刺激があるから、眠るなんてありえなかったのですが、ハイパーナイフは眠っている間に結果が出ていてびっくりしました。当然ですが痛みは一切感じませんでした。
【https://www.2017cgac.org/hyper-knife/#i-14 から引用】

デメリット

・施術後2時間は食事をしないで下さいねーと言われてビックリ。エステの効果にも関係あるかもしれませんが、夕飯前だったのでかなりお腹が空いてしまいました。
・セルフケアありきのエステって考えると少しコスパが悪いかもしれないです。
・ハイパーナイフを受けて2時間経過したら、老廃物を流すためにもお水をたくさん飲んで下さいね、と言われるのですが、私はもともとお水を飲むのがとても苦手。せっかくのエステだからと頑張ってお水を飲みましたが、お水が苦手な人は辛いかも。
【https://www.2017cgac.org/hyper-knife/#i-14 から引用】

ハイパーナイフまとめ

このようにハイパーナイフは、即効性がある痩身以外のメリットも期待できる施術方法です。その施術後は3日間ほど脂肪を分解しているため、身体が減った部分を元に戻そうとする力が働いています。よって脂肪の吸収率が非常に高い状態で、特に脂っこい食事を摂るとその分吸収されてしまい効果が半減するでしょう。つまり水分をしっかり摂り、軽めに食事をすることがおすすめです。

さらに食後は身体がポカポカしてエネルギーを使っている状態になってしまいます。脂肪を燃焼するために施術する前も1時間から2時間程度は食事をせずに空けておくとよいでしょう。また妊娠を希望している場合や妊娠中は胎児に影響を及ぼすため、ハイパーナイフの施術を受けることが出来ません。金属アレルギーをお持ちの方や生理中、体調不良の方もご注意ください。