美肌になりたい!美肌になる食べ物・サプリメントからスキンケア方法まで!美肌になる方法まとめ

顔綺麗な美肌
  • 顔のたるみが気になる
  • 肌が乾燥してカサカサ
  • シミ・シワが気になる
  • 肌の調子が悪い
  • 肌の老化を感じる

こんな悩みを抱えていませんか?

女性の永遠のあこがれ「美肌」

美肌になりたい方、肌の調子に悩む方のために、美肌になる方法をまとめてみました。

美肌とは?

美肌キレイな女性

美肌とは「きれいな肌」のこと、というのはわかりますが、具体的にはどんな肌の状態のことをいうのでしょう?

美肌の定義

美肌定義とは

美肌の定義の条件とは…

「う・な・は・だ・け・つ」です!

「う」潤い

潤いと適度な水分を保っている状態の肌です。潤いが足りないと肌が乾燥してしまい、小じわや毛穴、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまいます。

「な」なめらか

キメが整っていて、肌の表面がすべすべでなめらかな状態の肌です。キメが荒いと肌がガサガサしてしまい、化粧のノリも悪くなりファンデーションが粉を吹いたような状態になってしまいます。

「は」ハリ

肌にハリがあると、それだけで自然にお顔がリフトアップされ、見た目でも、肌表面がピンとして弾力があるのがわかります。肌のハリがなくなると、しわやほうれい線、毛穴のたるみの原因になってしまいます。

「だ」弾力

肌を押してみて、すぐに押し返してくる弾力が感じられるのが弾力のある肌です。弾力がなくなると肌がたるんでフェイスラインもぼやけてしまいます。

「け」血色

血色の良い肌はくすみがなく、肌色が明るく透明感があります。血色が悪いと顔色が悪く、それだけで老けて見られてしまいます。

「つ」ツヤ

肌に当たる光が均一に反射してみえるくらい滑らかで、肌の内部の水分量と油分量のバランスが取れた状態の肌のことです。肌のツヤには肌のハリが大きく関係しています。

ツヤがないとハリがあるように見えないし、ハリがないとツヤが出にくい、といったようにツヤのためにはハリは欠かせなく、ハリのためにもツヤは欠かせません。

この「う・な・は・だ・け・つ」の条件をより多く満たすことができている状態の肌のことを「美肌」といいます。

肌の仕組み

肌の構造断面

肌の構造

肌は1枚のように見えますが、表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。美容にとって一番重要なのは最上部のです。

表皮はさらに4層構造になっています。角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層です。

表皮の角質層の状態が良いことが肌がきれいにみえる「美肌」になります。

正しいスキンケアと生活習慣で美肌を目指しましょう。

ターンオーバー

美肌にとってポイントのひとつが「ターンオーバー」です。

ターンオーバーとは、表皮が新しい細胞に入れ替わるサイクルのことです。肌の奥で毎日新しい細胞が生まれていますが、この細胞は成長しながら表皮に向かって上がっていきます。

成長した細胞は角質層を形成して、最後はアカとなって自然に剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーの周期は28日前後と言われていますが、年齢とともに周期が長くなります。

10代 約20日 40代 約55日
20代 約28日 50代 約75日
30代 約40日 60代 約100日

周期が長くなると古い角質が肌の表面にたまってしまい、肌トラブルが起きやすくなります。古い角質を取り除く角質ケアをしてあげることが大事です。

ターンオーバーを早めるには?

美肌はやめるターンオーバー

ピーリング

ピーリングとは古い角質を取り除くことです。

アルファヒドロキシ酸(AHA)やフルーツ酸、グリコール酸などの角質を取り除く成分が含まれた化粧品を使ってピーリングすることができます。

美容液や乳液、化粧水、ジェルや石鹸タイプのものなど、たくさんの種類があるので自分に合ったものを選びましょう。

初めてピーリングする人には石鹸タイプがオススメです。

禁煙

タバコは400種類以上の化学物質、250種類以上の毒物、発がん性物質が含まれています。コラーゲンやビタミンCは破壊され、ニコチンが血管を収縮させ血行が悪くなります。血行が悪くなるとターンオーバーの周期も遅くなります。

タバコは美肌にとって大敵です。美肌を目指すなら、まず禁煙することを強くオススメします。

美肌の敵とは?

美肌起こすトラブル敵

美肌になるためには敵を知ることが大事です。美肌になるために気を付けなければいけない「敵」を詳しくご紹介します。

肌が荒れる原因

肌荒れる原因

紫外線

肌の老化の原因の8割は紫外線によるものです。紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類の紫外線があります。

A波(UVA)の紫外線は太陽から届く紫外線の約9割を占めます。A波は肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の真皮まで達し、肌のハリや弾力を失わせる「光老化」の原因になります。

B波(UVB)の紫外線を浴びると肌をダメージから守るためにメラニンが生成されます。生成されたメラニンは通常は古い角質と一緒に排出されますが、ターンオーバーが乱れると排出されずに肌に蓄積され、シミの原因となってしまいます。

間違ったスキンケア

肌のために行っているスキンケアも使い方ややり方を間違ってしまえば肌のトラブルの原因になってしまいます。

いくつか間違ったスキンケアの例をご紹介します。これからご紹介するスキンケアを日頃から行っている方は今すぐスキンケア方法を改善しましょう!

間違ったスキンケア
  • ふき取りタイプのクレンジングや化粧水を使う
  • 化粧水やクリームを使うときに肌を叩く
  • クレンジングの時にマッサージをする
  • 洗顔の時に肌に指で触れて洗う

このようなスキンケアは、全て肌の角質層を傷つけてしまいます。全てのスキンケアを行うときには優しいタッチで肌に刺激を与えないようにしましょう。

寝不足・偏食

寝不足になるとお肌の調子が悪くなってしまう原因は、睡眠とホルモンの分泌がお肌に影響しているからです。美肌に不可欠な成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。成長ホルモンは美肌になるための重要な役割を担っています。

成長ホルモンの役割
  • 皮膚組織の修復や再生
  • 皮下組織の水分維持
  • 肌のターンオーバーの促進

成長ホルモンは入眠してから3~4時間の熟睡しているときに分泌量が急増します。浅い睡眠が続き、寝不足の状態が続くと成長ホルモンの分泌量が減少してしまうので、ターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

偏食すると、美肌に必要な栄養素が充分に摂れず、栄養が偏ってしまいます。悪い食事の例として、スナック菓子やファストフードなどの塩分や脂質が多い食事ばかり食べていると、代謝が悪くなってしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。肌にいい食事を心がけましょう。

美肌になるために良い食べ物はこちら→

美肌の敵

肌荒らす敵

活性酸素

活性酸素とは酸素の一部が

  • 紫外線
  • タバコ
  • アルコール
  • 食生活
  • ストレス

などの色々な要素で変化したものです。リンゴを切ってしばらくすると酸化して黒っぽくなるように、活性酸素は肌を酸化させ、

  • シミ
  • たるみ
  • くすみ
  • シワ
  • 炎症
  • 乾燥による小じわ

などのトラブルを引き起こします。酸化を防ぐには食事で気を付けることです。酸化を防ぐ栄養素をバランスよく取り入れましょう。

酸化を防ぐ栄養素
  • ビタミンA・C・E
  • リコピン
  • カテキン
  • 亜鉛

糖化

糖化とは、過剰にとった糖分が体の中のタンパク質と結びついて変性する反応のことです。糖化によってできたタンパク質は異常タンパク質(AGEs)と呼ばれます。

異常タンパク質(AGEs)はコラーゲンを破壊し、たるみ、くすみを引き起こします。

AGEsは食後、血糖値が上がるときに作られます。急激に血糖値を上げる食材を避けたり、血糖値をあげないように食べ方に気を付けることを心がけましょう。

血糖値を上げないポイント
  • 低GI値の食品を選ぶ
  • 食後に運動する
  • 食べる順番に気を付ける
    食物繊維→タンパク質→炭水化物の順番で食べる

 

美肌になるための方法5選

美肌なる方法

食べ物

食事食べる肌にいいもの

美肌に良い栄養素は

  • 炭水化物
    腸内環境を整える
  • 脂質
    潤いやバリア機能を保つ
  • タンパク質
    体内で肌に潤いを与えるアミノ酸に分解される。必須アミノ酸は体内でつくれないので食事からとりましょう。
  • ビタミン
    皮膚を丈夫にする、コラーゲン生成、美白に必要
  • ミネラル
    酸素を送るヘモグロビンやコラーゲン生成に必要
  • 食物繊維
    腸の働きを活発にする、糖の吸収を穏やかにする

です。

バランスのいい食事をとることが大事です。

運動

ウォーキング歩く女性

運動不足になると代謝がダウンします。代謝が悪くなると血行が悪化し、ターンオーバーが遅くなってしまいます。

激しい運動をする必要はありません。日常で手軽にできる運動をほんのり汗をかく程度すればOK!軽い運動を習慣化することが大事です。

ウォーキングは手軽に始められるのでオススメの運動です。

グッズ

かっさピンク羽形

かっさ

かっさとは、中国の民間療法である「活下痧(かっさ)療法」もとになってできたものです。

専用の板状のものを使って毛細血管に圧を加えます。血液中の毒を肌表面に押し出して血流の流れを良くします。東洋医学的なデトックスであると言われています。

サプリメント

サプリメントで摂りたい栄養素は食べ物の項目でもご紹介した栄養素です。

 

美容外科

 

美肌になるマッサージ

美肌になるマッサージ方法をご紹介します。

腸マッサージ

便秘は美肌にとって大敵です。便秘になると悪玉菌が増え、悪玉菌の出す有害物質が増えます。悪玉菌は肌を荒れさせ、美肌に必要なビタミンの吸収も悪くなります。便秘を解消して美肌を手に入れましょう。

 

時間がない人・確実に結果を求める人

エステ

 

 

セルフエステ

セルフエステは、最近急成長中の新しいエステサロンの形ともいえるエステです。

従来、1回1万円程度かかっていたエステの施術が、自分でマシンを使って施術することで、月額の定額制で通いたい放題になるというスポーツジムのようなシステムのエステサロンがセルフエステです。

月額制だから毎日でも通うことができます。短期間でぽっこりお腹を解消・効果を実感することができるので、早く確実に効果を求める人にセルフエステはぴったりの方法ですね。

花子
セルフエステって気になります!月額制って大体いくらくらいで通えるんですか?
美智子
そうね、お店によって違いはあるけれど、大体月5000円代から通えるセルフエステサロンが多いわね。詳しくはセルフエステランキングの記事に比較表があるからチェックしてみたらいいわ。

セルフエステおすすめランキングはこちら→

美肌まとめ